副業の盲点!副業はメリットよりデメリットを良く知る事

副業の盲点

副業のメリットとデメリット

副業のメリット

 

盲点1

 

副業のメリットは気持ちに余裕ができること

 

副業のメリットは、

 

  • 収入が増える
  • 知識やスキルが上がる可能性
  • 未経験の仕事の経験ができる

 

と、大きな理由としては3つくらいでしょう。

 

一番の理由は何と言っても収入が増える事で、収入を増やす目的としては、

 

  • 贅沢がしたい
  • 旅行に行きたい
  • 高級な料理が食べたい
  • 習い事がしたい
  • 貯金を増やしたい

 

などなど、簡単に言えば日頃我慢しているような欲求を満たすことですね。

 

給料や収入が少ないと、色んなことを我慢しなければならず、ストレスが溜まる一方で、気持ちにも余裕が出てきません。

 

人間は不思議なもので、ほんの少し収入が増えただけでも、気持ちに余裕が出て来たりするものです。

 

気持ちに余裕が無いと、スキルアップのために勉強したくても集中出来なかったり、良からぬ事を考えてしまったり、人生の楽しみが少なく感じてしまいます。

 

副業の一番のメリットは、この気持ちに余裕を作ることなのかもしれません。

 

 

気持ちに余裕ができると福が来る

 

人間というのは、日常の生活感が顔に出るものです。

 

毎日イライラしたり、ストレスが溜まっていると、笑顔が少なくなり、気持ちの余裕も無くなり、他人からは、

 

  • 話しかけにくい人
  • 付き合いにくい人

 

など思われることでしょう。

 

しかし、気持ちに余裕がある人は、自然と笑顔が増え、人に優しくなれたりします。

 

『笑う門には福来たる』

 

とは、きっとそういうことなのでしょうけど、貧乏でこれが出来るのは、よほどの聖人というか、よほど人間が出来ていないと難しい、まあそれが普通の人間というものでしょう。

 

なのでお金というのは、人の笑顔を増やし、気持ちに余裕を作り、福を呼んでくれる、そのメリットのために副業をする。

 

なんて上手くいくかは別として、お金の余裕が気持ちの余裕になるということに、間違いは無いでしょう。

 

 

副業のデメリット

 

盲点2

 

副業のデメリットがメリットより大きくならないこと

 

副業のデメリットは、

 

  • 仕事や労働時間が増える
  • 所得税が増える
  • 休日が減る

 

と、この3つくらいでしょうか。

 

副業を増やすと、単純に労働時間が増えることになり、その分の疲労も増えてくるでしょう。

 

副業の仕事が、本業と全く別の職種だと、疲労から混乱してきて、本業でも副業でもミスが増えたり、なんてこともあります。

 

所得税が増えても、収入が増えて生活が楽になれば良いですが、休日も無しで働き詰めになってしまった場合、人によっては体力がどこまで持つのか不安にもなるでしょう。

 

デメリットを考え過ぎて悩んでいる人は、「副業のコツ」のページも参考にしてください。

 

 

通勤の副業の場合

 

通勤のバイトやパートの場合は、ほとんどが時給日給なので、収入は安定しますが短期間で収入を増やしたい時には、物理的に仕事を増やす必要があります。

 

時間と体力が余っていれば良いですが、そうで無いと体調を崩したり、体調不良のまま仕事をしていると怪我をする可能性もあったり、怪我や病気で長期欠勤になると信用と収入を失ってしまうかもしれません。

 

 

在宅で副業の場合

 

通勤の場合には、時間も決まっていることが多いので、仕事をやり過ぎるということが無いのですが、在宅の場合は自分の気持ち次第でやり過ぎてしまい、寝不足になる人が意外と多いです。

 

人によっては副業の方に力を入れ過ぎて、本業の仕事先で居眠りをしてしまったり、自動車での移動で事故を起こす場合も。

 

副業のコツ」のページも参考に、副業はほどほどにしましょう。

 

 

副業はデメリットを優先

 

盲点3

 

副業ではメリットよりデメリットから考えて選ぶ

 

どんな職種にも、メリットとデメリットがあります。

 

当たり前と思うかもしれませんが、時給や単価の高さであるメリットに釣られて、デメリットを無視してしまう人がけっこういます。

 

本業の仕事選びなら、多少のデメリットは無視しても、本業なので我慢して仕事することでしょう。

 

しかし副業は、

 

  • 本業に影響を与えたくない
  • あまりストレスを溜めずに稼ぎたい
  • ある程度は自由に仕事がしたい
  • ある程度の安定収入が欲しい

 

など、人によっては色んな制限条件があるもので、一番心配するところが本業への影響だと思います。

 

副業が負担になってしまうことは避けたい。

 

そのためには、デメリットの部分をどの程度まで受け入れて、どの程度まで我慢しながら、副業が続けられるかを考えて、どの仕事をするかを選んだ方が良いでしょう。

 

副業選びにも、「副業成功のコツ」のページを参考にしてください。

副業で見落としがちな盲点

ネットビジネスの盲点

 

盲点4

 

ネットビジネスでも、職種によっては、

 

  • 納期
  • ノルマ

 

がある仕事もあります。

 

こういう仕事を選んだ場合、いくら残業が遅くても、土日は疲れていても、自分のペースでというわけにはいきません。

 

間に合わせないと信用を失い、次の仕事がもらえない可能性が高くなります。

 

単価が良いからと言って、安易に納期やノルマの厳しい仕事を受けてしまわないように気を付けましょう。

 

 

現実ビジネスの盲点

 

盲点5

 

例えば、本業の仕事が残業になり、副業に間に合わない、という場合。

 

  • 休めば仕事に穴を開けてしまう
  • 遅刻をすれば迷惑をかける
  • 残業を頼まれる

 

などの可能性もあります。

 

遅刻欠勤に対して、よほど理解がある職場なら良いですが、なかなかそんな良い職場はありません。

 

普通は

 

  • 確実に出勤してくれる人
  • 遅刻しない人
  • 場合によっては残業してくれる人

 

を雇いたいので、契約の更新ではこんな人が優遇され、本業の終了時間などが安定しないと、副業先の契約が短期で終わってしまう可能性があります。

 

次の仕事探しというのも、現実のビジネスでは、けっこう大変なものです。

 

 

ハイリスク・ハイリターンの盲点

 

盲点6

 

ハイリスク・ハイリターンの仕事を考える時、

 

  • 五分五分
  • 半々

 

など、多くの人は50%の確率で高収入が得られると考えてしまいますが、実際に高収入が得られる確率は、想像以上に低いものです。

 

50%の確率があれば、多くの人がお金持ちになっているはずです。

 

しかし、実際に高収入を手に出来ている人は、1割にも満たないでしょう。

 

また、100万円の投資をして、120万円の利益が出れば、20万円の儲け、などと考える人もいますが、これも確実に100万円が120万円になる保証は無く、100万円が0円になる可能性だってあるものです。

 

ハイリターンの方ばかり考えると、ハイリスクが盲点となる場合が多いので気を付けましょう。

関連ページ

page top